手軽に野菜不足を改善できる青汁のおすすめとは

青汁というものはケールなどの緑葉野菜を絞った汁の事を示していますが、この野菜を1日に摂取しようと思っても、摂取しきれないのが現状です。

野菜自体は本来1日に350グラム程度摂取する事が必要とされているのですが、実際は280グラム前後しか摂取できていない、つまり常に野菜不足の状態です。

日本人の野菜不足が急増している危機を救ってくれるのが青汁です

ケールや大麦若葉などにはカロテンやビタミンなどの成分が多く含まれていて、生活習慣病や糖尿病予防などにも効果的でありながら、血液の流れも良くしてくれます。

中には癖のある味の緑葉野菜もありますが、青汁のように色々なものがミックスされたものは飲みやすくなっていて、栄養素も凝縮されています。

何より、手軽に補えるのが魅力で、たった1杯飲むだけで1日分の必要な摂取量が補えるのが嬉しいです。

青汁はドラッグストアやコンビニで買うより断然通販購入がお得!

ドラッグストアでも販売はされていますが、通販で定期コースで購入する方が費用が割安になる商品もあります。

青汁自体を飲むのが初めてのかたや、野菜嫌いのかたには、少し飲み始めに抵抗を感じるかもしれません。

独特の青臭さを敏感に感じるかたもいるので、その場合は牛乳や豆乳で割って飲むと飲みやすいかと思います。

また、粉末で1回分ずつ個別包装されているので、持ち運びに便利なため、朝だけでなく外出先でも飲む事が可能。

野菜には食物繊維も多く含んでいるので、便秘気味のかたにもオススメです。

毎日のお通じが不調であると、悪玉菌が腸内で増殖し、腸内環境を悪くします。

腸の働きは私達の身体にとって大事な役割をしており、1度増えた悪玉菌を減らし、消えてしまった善玉菌を増やすというのは自力では難しいと言われています。

昔のまずいイメージを失くしてジュース感覚で飲めるようになった最近の青汁

青汁の中には乳酸菌を含む青汁も販売されており、腸内環境も不安を感じているかたには乳酸菌入りの青汁がオススメです。

自身の身体に合わせた青汁を選ぶのも大切な事で、青汁とひと言で言っても、それぞれ配合されている緑葉野菜が異なり、なにを主に多く含んでいるかで、少しずつ違いがあります。

しかし、青汁全般では、野菜不足の解消、血糖値を下げる、血液の流れを良くする、食物繊維とビタミンで腸内清掃効果があり、更に若返りなどの美容面、老廃物の排毒などの効果が含まれてきます。

お肉などの動物性脂は摂取し過ぎると身体に良くありませんが、野菜の成分は摂取し過ぎても身体に悪影響は与えません。

フルーツ果汁や抹茶入りなど青汁が更に飲みやすくなった!

普段の食事中にお茶代わりとして飲んでも良いですし、忙しい朝にこの1杯を朝ごはん代わりとしても良い。

飲むタイミングは人それぞれですが、1番吸収しやすいのは、運動した後若しくは、夜。

夜寝ている間に人間の身体は翌朝にかけて循環機能が活発に働きます。

青汁は料理とアレンジしたり食事のお供として毎日飲むようにしましょう

それが故に、納豆やヨーグルトなども夜摂取すると良いと言われているので、青汁も夜摂取するかたも多くいらっしゃいます。

普段から野菜は多く食べているというかたでも、1日分の野菜は摂取できていないのが現状ですので、その足りない分を補い、1日の食生活のバランスを取る事が大切です。

それを毎日続ける事で、徐々に改善されていくと共に、生活習慣病や糖尿病などの予防をしていきましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=pgU1mqLUPvU

TOPへ戻る ↑