無理のない食事制限をすることが大事

目標という壁をどう突き破れるかが成功への道

ダイエットは全女性の関心事です。他人が見ると全然太っていないと思える人でも、スイーツにハマってしまったり、まさかの背脂入りラーメンにハマったりでちょっと体重が増えてしまい焦ることはよくあります。

そこで「よし、ダイエットするぞ!」と思い立つのですが、ほとんど失敗してしまいます。何故でしょうか?

実は、私たちはダイエットについて知っているようで知らないことが多いのです。

カロリーだけではない食生活

ダイエットで最初に対策するのは食事制限です。特にカロリーに目がいきがちです。ここが落とし穴。

というのも、同じカロリーでも食べ合わせによって全然太り方が違うからです。

例えば、カツ丼を食べるのと、ロースカツを二枚食べるのとでは、ロースカツ二枚の方が高カロリーです。でも、太りやすいのはカツ丼なんです。

日の丸ご飯と4種のおかずが入ったお弁当

人間の体は脂質と糖質でエネルギーを生産します。特に炭水化物はダイレクトに顕在化します。

なので、炭水化物抜きダイエットというものもあるほどなのですが、このお米などの糖質に脂質が加わると血糖値の上昇に伴い体が吸収するカロリーが跳ね上がるのです。

ケーキなどもそうですよね。あれこそ脂質と糖質がミックスされた太る食べ物の代表格です。

では、何故ロースカツ二枚の方が高カロリーなのにカツ丼より太りにくいのかというと、含まれているカロリー自体は多くても、体が吸収しきれず排出されてしまうからです。

このように、各栄養素も考えた食事でなければ痩せることは難しいのです。

あくまで補助としての健康食品と考える

よくある「これを飲んで三ヶ月で10kg痩せました!」という雑誌などの広告にある体験談は半分ウソです。

食事制限サプリは健康補助食品の一つですから、飲むだけでは痩せません。

でも「補助」というからにはダイエットにとって有効な存在です。

健康的に痩せるには運動も必要です。そこで、毎日ジョギングをしてみることにします。一日も休まずにです。

いずれ体は疲れてきます。無理をすると体を壊してしまいます。そんなときに一踏ん張りできるかどうかの体質を作ってくれるのがダイエットサプリです。

疲れたから休むのは必要ですが、その先にくびれや目標の体重があるのです。

考えてはいけません。

心で感じてください。

「あと一踏ん張り」という壁を突き破れるかどうかでダイエットは変わりますから、毎日続けて飲んでくださいね!

食事制限が我慢できない人はどうすればいいの?

「お腹が減った」と言ったからといって満腹になるわけではありません。

同じように「痩せたい」と言っても痩せるわけではありません。
そこで多くの人は人生で何度かダイエットに挑戦するわけですが、最も困難なのは食事制限をどうするかです。

よく、スポーツジムに入会すると、コースを選べることがあります。

仕事帰りにランニングマシーンで汗を流す男性

好きなときに汗を流せるコース、筋肉増量コース、そしてシェイプアップやダイエットコースです。

参考: スポーツジム・フィットネスジムの選び方!通いやすさで選ぶのがおすすめ!

ダイエットコースを選ぶと、まずトレーナーが運動量に合わせて一週間スパンで献立を考えてくれます。

しかし、これが意外と厳しい。

例えば、朝は野菜ジュースとカットフルーツ、ゆで卵一個、昼は焼き魚と味噌汁、白米、夜はボイルした鶏胸肉に大量のサラダなどです。

普段、カツ丼などを食べ慣れている人にとっては地獄です。

そこで、こういった食事制限に我慢できない人にオススメなのがダイエット向けサプリです。

話題の糖質カット系サプリ

糖質、つまり炭水化物は体内ですぐエネルギーになるため、人体にとって欠かせないものでもあるのですが、摂取しすぎると脂肪として蓄えられてしまいます。

とはいえ、お米やパンといった主菜は炭水化物の塊です。避けようがありません。

そこで有効なのが糖質をカットしてくれるサプリです。

色々な商品がありますが、共通するのはガルシニアやファビノールなどを含んだもので、食前に経口投与するだけで糖質が吸収されるのを少し抑えてくれます。

少しであっても毎日続けることを考えるとバカにはできません。

定番の脂質カット系サプリ

食事制限で最も改善が難しいのは脂質を多く含んだメニューが好きな人です。

例えば、唐揚げやトンカツ、ハンバーガーなどが好きな人にとっては地獄です。

そんな方にオススメなのが脂質カット系のサプリです。

これも多種多様な商品がありますが、レシチンやキトサンを含有している共通点があります。

だからといってスナック菓子を鷲づかみで食べてもいいというわけではありませんよ。

サプリだけではすぐには痩せられない

糖質や脂質をある程度カットしても、日々の運動がなければ体脂肪は燃焼しません。

できればジョギングや一日一時間の散歩ができればいいのですが、そんな時間はない、面倒くさいという方は、通勤や買い物で歩くときに普段の倍くらいのスピードで歩くようにしましょう。

脂肪燃焼率がわずかですが上昇します。これを毎日やれば理屈では痩せるはずですから。

https://www.youtube.com/watch?v=_zG-p5xCH14

TOPへ戻る ↑