するるのおめぐ実

ふくらはぎや太ももに効果あるするるのおめぐ実をいつ飲むの?今でしょ!!

するるのおめぐみは、安全性が高い植物性由来のものを主成分としていて、むくみの解消に良いサプリメントです。

するるのおめぐ実の公式サイトはこちらへ

浮腫みに効果があると言う事は、足などをすっきりさせる効果があるので、ほっそりとした印象を与える効果も期待できます。

具体的にはどのようなサプリメントなのでしょうか。

するるのおめぐ実でむくみの原因を解消しよう!

むくみは主に食生活の乱れ、運動不足、不規則な生活が原因で引き起こされると言われています。
食生活では、主に次のような原因があります。

するるのおめぐみで食生活をいい方向へ変えていく

・インタント食品の過剰摂取
・スナック菓子や濃い味のものが好き

これらに共通しているのは塩分と水分のバランスです。
インスタント食品は全体的に塩分が多く、スナック菓子や濃い味のものも同じです。
その塩分に対して十分な水分を摂取しなければ体のバランスが崩れてむくみやすくなります。

運動不足をするるのおめぐみと一緒に克服しようそれに体の代謝や血行が滞るようになります。
すると特に女性の場合は筋肉量が少なめなので、水分を体外に排出する働きも鈍くなってしまうのです。

不規則な生活では主に次のようなものがあります。

・暴飲暴食
・睡眠不足
・自律神経の乱れ

これらに共通している事は、血流やリンパの流れを滞らせる事にあります。
正常な食事、睡眠がしっかりと取れている状態なら、自律神経も正常化しますから、暴飲暴食や睡眠不足の状態が長く続くと知らず知らずの間に自律神経も乱してしまうのです。

するるのおめぐ実の公式サイトはこちらへ

自律神経が乱れると今度は食欲や睡眠をコントロールできなくなり、体のリズムを崩してしまうので、むくみを引き起こしやすくなってしまいます。

セルライトを破壊してくれるスルルのお恵みパワー!

むくみを放置しておくと、老廃物を排出できなくなるので、セルライトができやすくなります。

また、同時に水分が体内に長くとどまる事になりますから、その重みに耐えられなくなり、たるみやしわの原因にもなります。

するるのおめぐみで冷え性やニキビも無くなる

むくみを解消するためには、マッサージや食事の改善、運動などがありますが、それらを実践してもなかなか改善できない事があります。
そう言った時に役立つのがダイエットサプリです。

セルライトなどの老廃物も解消するするるのおめぐ実

むくみをすっきりとサポートする効果がある赤ぶどう葉明日葉、とうもろこしのひげを中心とした植物由来の成分が、体の血流やリンパの流れを良くしてむくみを解消へと導きます。

するるのおめぐ実の公式サイトはこちらへ

むくみに必要な成分のカリウムなどを豊富に含んでいるので、体内の塩分濃度を調整してくれる他、余分な水分を排出させるので、むくみ解消効果が期待できます。

サプリメントと言う手軽さもあり、持ち歩きにも便利なので、いつでもどこにいても継続して摂取できるので、飲み忘れると言う事も少なくなり、旅行やレジャーの時にもすっきりした体を維持できます。

するるのおめぐ実成分をよく読んで下半身をキュッと引き締める

むくみは体の血流やリンパの流れなどのめぐりが悪くなる事で発生する困った症状です。
その困った症状は放置しておくとむくんでいる個所は太く見えたり、セルライトが付いて本格的に太くなったりします。
太ったわけではないのに、太って見える原因になってしまいます。

するるのおめぐみでふくろはぎなどのむくみもなくなりきれいな美脚になれる

それらを解消するために研究開発されたサプリメントとして、むくみに悩む多くの方々から支持を集めているもので、さまざまな植物由来の安全な成分から安心して摂取する事ができると評価も高く集めています。

むくみが解消される事によってもたらされる健康効果にも注目が集まっていて、飲み続ける事で、その効果を維持、継続できるサプリメントになっています。

するるのおめぐ実の公式サイトはこちらへ

女性の悩み上位を占めるむくみの原因と対処法とは

女性の身体についての悩みの中でも、上位に入る「むくみ」

足がむくんで、なかなか寝付けなかったり、寝起きに顔がむくんでいたり、身体全体にむくみを感じる場合もあります。

病とまでは考えないまでも、できれば解消したいですよね!

そこで、今回はむくみの原因と、その対処法についてご紹介したいと思います。

【むくみの原因について】筋肉が硬直し血流が悪くなる

むくみとは、筋肉が疲労して硬くなると血管を圧迫するために起きやすいと言われています。

また、冷えから、筋肉が硬直したり、血流が悪くなり起きる場合もあります。

立ち仕事の方などは足がむくんでパンパンになった経験がある方も多いのではないでしょうか?

顔や身体全体がむくむ場合は、足同様に筋肉疲労や冷えが原因な場合もありますが、水分を摂り過ぎた時に起こる場合もあります。

どちらも、自分である程度、緩和できる症状です。

【むくみの対処法】お風呂で身体を温める

お湯の温度は38度~40度位がちょうど良いです。

あまり熱いお風呂に入ると、かえって筋肉が緊張して更に硬くなることもあるからです。

また、心臓にも負担がかかり、血液循環が悪くなったりしますから、温めのお湯にゆっくりと浸かることが大切です。

時間は15分?30分位がちょうど良いです。

長風呂が好きな方は出たり入ったりを繰り返して、のぼせないように注意しましょう!

また、肩から浸かり全身を温めたら、腰から下だけ浸かる半身浴に切り替えましょう!

女性は下半身が冷えている方が多いです。

また、ずっと全身浸かっていると、やはり心臓に負担がかかります。

ただし、上半身が冷えないように、お風呂の蓋をして、顔だけ出すと良いですよ!

それから、お風呂に粗塩を一つかみ入れると更に温まりやすくなります。

日本酒や赤ワインをグラス一杯入れるのも効果的です!

お風呂から上がったら、常温のお水をコップ一杯飲んで、水分補給することを忘れないようにして下さいね!

【自己リフレ】指でグリグリして老廃物を刺激する

自分で、リフレクソロジー(足裏とふくらはぎマッサージ)をします。

マッサージオイルでなくても、ベビーローションや乳液、ボディジェルなどで代用できます。

足裏と足の甲、ふくらはぎにたっぷりとオイルやローションを塗ります。

まず、初めに足の親指から順に小指まで、丁寧に優しくマッサージします。

足の末端の血流を良くすることは身体全体の血行促進にも繋がるので、念入りに行って下さい。

次に足裏を人差し指をV字に曲げて、先端の尖った部分を使い、足裏全体を上から下にグリッと音がするくらいに擦っていきます。

この時にグリグリとした感触が指に当たるのが、老廃物です。

老廃物が手に当たらなくなるまで、何回も繰り返して足裏を刺激しましょう!

【自己リフレ】かかと周辺を丹念にマッサージする

かかと周辺には腰や膀胱、生殖器、子宮のツボが集っています。

ここが痛い場合は腰が張っていたり、婦人科系が弱っていたり、冷えている場合があります。

腰は身体の要です。

また、子宮や生殖器は命を司る大切なツボなので、代謝を上げて活性化させるように丹念にマッサージしましょう!

【自己リフレ】足の甲を痛気持ちいい圧力マッサージ

甲はかなり痛がる方も多いので、痛気持ちいい程度の圧力で、マッサージしましょう!

また、くるぶし周辺には、老廃物が溜まりやすいので、そこも丁寧にマッサージして下さいね!

最後にふくらはぎです。

ふくらはぎの裏は特に力を入れると痛いので、オイルやローションを染み込ませるような感覚で優しくマッサージしましょう!

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれる場所で、血液を送るポンプ的な役割をしています。

また、ふくらはぎには首のツボがあるため、丁寧にマッサージすると首から肩周辺まで、軽く楽になります。

マッサージが終わったら、お風呂の時と同様に常温のお水をコップ一杯飲んで下さい。

老廃物が汗や尿になり、身体の外に排出する効果があります。

【自己リフレ】顔や全身のマッサージにはオイルやローションを利用

足と同様に顔や全身も、オイルやローションを使いマッサージしましょう!

顔は下から上に引き上げるように行います。

全身、特にリンパ節のある脇の下、胸周辺、鼠蹊部(太ももの付け根あたり)は疲労や冷えなどから、老廃物が溜まりやすいので、丹念にマッサージしましょう!

リンパを流すと、むくみは緩和されて、スッキリしますよ!

また、手がむくんでいる場合もあるので、手の指や手のひらや甲も、念入りにマッサージして下さいね!

【ストレッチ】新陳代謝を高めむくみ緩和になる

朝起きた時や、寝る前、テレビをみながなど、短時間で良いので、普段使わない筋肉を伸ばすようにしましょう!

初めは硬くて、痛かったりしますが、続けていると、徐々に身体が柔らかくなってきます。

使わない筋肉をそのままにしておくと、やはり血流が悪くなり、段々と硬くなってしまいます。

身体を柔らかくしておくのは健康の第一歩でもあります。

新陳代謝を高め、血流を良くすると、先にもご紹介したように、むくみの緩和にも効果的です!

むくみの原因とその対処法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

むくみの改善には、毎日少しずつの努力を長く続けることが大切です。

半身浴やマッサージ、ストレッチが趣味になるように、楽しみながら、行ってみて下さいね!

するるのおめぐ実の公式サイトはこちらへ

TOPへ戻る ↑