キミエホワイトプラス

自らのお母さんのために開発されたシミ対策に最適なキミエホワイト

シミができるメカニズムとシミの原因をキミエホワイトが退治する

どうして肌にはシミができてしまうのか、まずはそのシミができるまでのメカニズムについて説明したいと思います。シミの一番の原因は紫外線によるものです。肌に紫外線を浴びる事によって、細胞を守るためにメラノサイトが刺激されます、そしてメラニン色素がつくられるのです。

紫外線によって日焼けをして皮膚細胞のDNAに傷がつくとメラノサイトが活性化してシミになってしまうのです。他にもシミができる原因としては、ニキビ跡が根強く残ってしまい、茶色いシミになったり、女性ホルモンの乱れによって?に肝斑ができてシミになってしまう事です。それ以外にも洗顔時にゴシゴシ顔をこすって洗う事で皮膚が傷付いてシミになる事があります。

シミの老斑、肝斑、ソバカスにはキミエホワイト

シミは日焼けのしすぎによるメラニン色素だけが原因ではなく、色々種類があります。大きく分けると雀卵斑と呼ばれるソバカス、肝斑、老人性色素斑の3つに分かれます。ソバカスは、遺伝的なものもありますが、鼻を中心にして?全体に茶色い斑点ができます。紫外線を長期間に渡って浴び続ける事で濃くなる事もあります。肝斑は30代から40代を中心に多いシミで、頬骨辺りに左右均等にできます。

ホルモンバランスの乱れによってできると考えられていて、妊娠中やピルを服用すると出てくる事もあります。最後に老人性色素斑ですが、これはシミの代表格です、小さい頃から浴び続けた紫外線によるダメージが20代後半ごろからシミとなって出始めます。紫外線を浴びる機会の多いアウトドアスポーツをする方や外で仕事をする方はシミができやすいようです。色白の人は特にシミが目立ってしまい、顔、デコルテ、手の甲や腕にシミができやすいです。

副作用リスクが比較的低いキミエホワイト

シミへの効能が認められている医薬品キミエホワイトは、第3種医薬品で医師の処方箋がなくても購入できて、副作用のリスクが比較的低い商品です。

「日焼けのしすぎで大きなシミができてしまった!」

「年齢とともにシミやソバカスが目立ってしまい実年齢よりも老けて見られてしまうのが悩みだ!」

上記の方にお勧めの医薬品です。

キミエホワイトがリニューアルしたのが「キミエホワイトプラス」です。シミに効く有効成分とされているL?システインを最大量の240mg配合し、更には新成分のパントテン酸カルシウムも配合されていて、肌のターンオーバーを手助けしてシミを治療します。ドラッグストアに売られているシミ対策の商品はシミを緩和する効果がありますがキミエホワイトプラスはシミを治療する効果があります。

L-システインが紫外線による黒色メラニン色素の生成を阻止し、アスコルビン酸とL?システインが黒色メラニンの生成を抑えます。また、パントテン酸カルシウムが皮膚の機能を正常に保ちます。
シミ、ソバカスの色素沈着だけでなく、大人ニキビや疲労から来る全身倦怠感にも効きます。初回は1ヶ月1,900円でお試しできるのでお勧めの商品です。1ヶ月分93錠入りで初回1,900円はお得なのでシミ対策に試してみてはいかがでしょうか?