お料理に合う水はどれ?軟水が良いの硬水が良いの?水道水はどうなの?

お料理をする際に注意するポイントっていろいろとありますよね。

調味料の使い方や火加減もありますし、道具を上手く使うと言ったこともポイントに入ってくるかもしれません。

当然ながら愛情をどれだけ注ぐかというのも、料理の良し悪しには欠かせないポイントになってくるでしょう。

ではだしを取るのでお鍋に水を入れて、という場面でふつうに何の躊躇もなく水道水ジャーっと入れると言うのはどうでしょう。

もちろん水道水の方が良い場面もあるのですが、少し水に対する知識を持つと劇的にお料理が変わってくるかもしれませんよ。

水には含まれるミネラルの量によって軟水や硬水に分類される

水には軟水や硬水と言った種類があることを聞かれたことがある方も多いでしょう。

水を口に含んだときに円やかに丸く感じるのが軟水、逆に尖っているように感じるのが硬水だとも言われていますね。

水の中に含まれるマグネシウムやカルシウムの割合を硬度と呼び、一般的には硬度120未満を軟水、120以上を硬水としています。

よく日本の水は西日本が軟水で、東日本がやや硬水寄りだと言われていますが、同一県内でも地区毎による差が大きいようで、東日本でもかなり硬度の低い軟水を供給している地域も多数あるようです。

日本の水道水はほぼ軟水が供給されていると考えて間違いないでしょう。

またヨーロッパでは硬水が多いと言われていて、市販されているヨーロッパのミネラルウォーターの大半は硬水です。

この軟水と硬水はお料理にどのような影響が出るのかと言うと、味にも食感にも見た目にも大きな差が出ることが分かっています。

軟水と硬水の使い分けと水道水を使う方が良い場面について

和食の命とも言えるダシはグルタミン酸やイノシン酸がうまみ成分として作用するのですが、硬水ではこれらのうまみ成分が硬水中のカルシウムと結合することでアクとなってしまいます。

またお米も硬水で炊くとパラパラとした感じになり、和食に合うふっくらとした炊き上がりにはなりません。

和食にはやはり軟水が良いですね。

逆に洋食の煮込み料理には硬水が最適。

野菜類のアクも出やすく、牛肉の臭み成分も出やすくなってうま味を閉じ込めるのです。

軟水でお肉を煮ると柔らかくなりやすいのですが、うま味も逃げ出してしまうのです。

コーヒーに軟水を使うとマイルドで酸味が出やすく、硬水を使うと苦みが際立ちます。

この辺りはお好みで使い分けるといいでしょう。

日本茶や紅茶には軟水を使いましょう。

その中でも紅茶には水道水に含まれる空気が良い影響を与えるので、沸かしたての水道水が最も良いとされています。

日本の水道水は軟水だから和食にも合うハズです

和食には特に軟水が良く、そして日本の水道水はその大半が軟水です。

と言うことは和食には水道水が最も良いということになりそうですが、残念ながら水道水には塩素が投入されています。

塩素は殺菌するために欠かせない物質ですし、蛇口をひねった際に出てくる水道水には含まれるべき塩素濃度の規定もあります。

この塩素がお料理に様々な悪影響を与えるのです。

例えばお料理前に野菜を水道水でさっと洗いますが、塩素によって野菜の栄養素の15~25%を失うと言われています。

また水道水でお米を炊くとビタミンBが35%失われるそうです。

もちろん塩素のニオイもお料理には影響を与えますね。

そこでウォーターサーバーをお料理にも活用するのです。

栄養素の消失も防げますし、何よりお料理の香りが数段アップしますからね。

繊細な日本料理などは特にウォーターサーバーとの相性がいいですよ。

ご飯の風味も全く違ってきますし、ウォーターサーバーをただ飲むだけに使うのはもったいないですよ。