市販のペットボトルが使える?!ペットボトル式のウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーといえば、一般的なイメージとしては、メーカーから指定された専用の水を購入し、それを大がかりなサーバーに設置して使うタイプのものではないでしょうか。

冷水と温水がいつでも使えることから導入を検討している人も多いものですが、その水の購入がネックとなって契約を見送っているという人もいるのかもしれません。

しかし、コンビニやスーパーでペットボトルの水を買って、日常的に飲み水として使っているという人も多いですよね。
そんな市販されているペットボトルの水を、自宅のサーバーでも使えたらと考えたこともあるのではないでしょうか。

実は、ウォーターサーバーの中には、市販のペットボトルをセットして使うタイプのものもあるんです。
そこで、ペットボトル式のウォーターサーバーについて使い方や注意点をまとめてみました。

ペットボトル式のウォーターサーバーとは

ペットボトル式のウォーターサーバーとは、その名の通りペットボトルをサーバーにセットして使うウォーターサーバーのことです。
業者から購入する専用の水ではなく、スーパーやコンビニで売られているペットボトルの水をそのままセットして使うことができます。

と言われると、部活動などで使うようないわゆるウォータークーラーのようなものをイメージするかもしれません。
しかし、ここでいうウォーターサーバーは電気を使うもの。
いつでも冷水や温水を使うことができるサーバーのことです。

機能としては、業者から水を購入するタイプのウォーターサーバーと比べても遜色のないものですが、ペットボトルの水を使えるということで、非常に手軽に利用できるのが大きな特徴となっています。

ウォーターサーバーに市販のペットボトルは使える?

それでは、一般的なウォーターサーバーでは、市販のペットボトルは使えないのでしょうか。
もちろん、ただサーバーにペットボトルをセットするだけなら可能かもしれません。
しかし、ウォーターサーバーというのは、多くのメーカーでサーバー代金が不要もしくは安く抑えられている代わりに、その業者の水を購入する契約になっているもの。
メーカーによってはひと月あたりの購入ノルマが課せられている場合もあり、ペットボトルの水を使うというのは現実的な話ではありません。

また、万が一ペットボトルの水を使ってウォーターサーバーに不具合があった場合、想定外の使用法ということで、その責任は利用者に課せられてしまう可能性も考えておかなければなりません。

予期せぬトラブルを招かないためにも、市販のペットボトルを使いたい場合は、それ専用のサーバーを購入した方が良いのではないでしょうか。

ペットボトル式ウォーターサーバーのコスト

ペットボトル式のウォーターサーバーに必要な費用として挙げられるのは、サーバー本体の代金、水の購入費用、電気料金、そしてメンテナンス代です。
これらは、一般的なウォーターサーバーでも必要な費用となります。

しかし、ペットボトル式のウォーターサーバーの場合、サーバー本体はレンタルではなく購入することになることが多いため、初期費用は多いものの維持費はそれほどかかりません。
また、水代も自分で安いところを探して買うことができるため、節約することができます。

導入するサーバー次第ではありますが、工夫次第でかなりコストを抑えることができると言えるのではないでしょうか。