天使の葉酸 オーガランドの亜鉛zinc

オーガランド天使の葉酸亜鉛zinc

[get_iteminfo]

基本的な成分を網羅してコスパは№1!オーガランドの天使の葉酸

オーガランドの「天使の葉酸」は葉酸とそれを助けるビタミンB群にカルシウムと鉄を配合した葉酸サプリです。

販売コストと流通コストを省いて、数ある葉酸サプリの中では抜群のコスパを誇ります。

妊娠中に最低限抑えたい栄養は網羅している天使の葉酸

オーガランドの「天使の葉酸」は厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸型の葉酸400μgを主力成分とした商品です。

これで妊活から授乳期までに必要な葉酸の摂取量をクリアし、細胞分裂や造血作用において葉酸のペアとして不可欠なパートナーであるビタミンB6とB12などのビタミンB群も一緒に取れるようにできています。

ミネラルは妊娠中に必要量が増加するカルシウムと鉄を含み、製品の特徴としてはAFCの葉酸サプリによく似たシンプル設計型と言えるでしょう。

比較するとAFCの葉酸サプリの方が栄養素の種類が豊富で、カルシウムと鉄に加えてビタミンDとマグネシウム、亜鉛、銅、セレンが配合されています。

しかし、値段はもともとコスパの良いAFCの葉酸サプリと比較しても、圧倒的な差でオーガランドの天使の葉酸に軍配が上がります。

値段の秘密は販売コストと流通コストで最高ランクのコスパを誇る天使の葉酸サプリ!

数ある葉酸サプリの中でも最高ランクのコスパを誇るオーガランドの葉酸サプリ。

公式サイトでの購入なら1ヶ月分の一袋が980円と千円を切ります。

さらに定期購入か3ヶ月分のまとめ買いにすれば一袋が800円とさらにお得な価格です。
なぜこれほどお得な値段で販売することが可能なのでしょうか。

オーガランドの公式ページによると、低価格の秘密は「販売コスト」と「流通コスト」のカットにあるようです。

まず、大手健康食品メーカーの協力を受けて大量に仕入れることで販売コストを抑え、流通においては卸売業者を通さない販売で中間マージンを省くことにより流通コストを減らします。

そしてテレビや雑誌での宣伝を行わないことによって広告費を抑えることにより、この価格が実現しているのです。

こんなにコスパが良ければ、肝心の品質はどうなのか気になるのが人間の自然な感情です。

しかし天使の葉酸は「安かろう悪かろう」ではありません。

商品を生産する工場はもちろん厚生労働省がGMP認定した工場で、品質管理をしっかりと行っています。

放射性物質の懸念がないようにセシウムとヨウ素の検査を行い、各項目で「検出せず」の結果であったことを公式ページで公表、消費者が安心して摂取できるサプリメントであることをアピールしているのです。

このことから天使の葉酸は値段を抑えつつも、するべき配慮はきちんとしていることが分かります。

天使の葉酸はライフステージを配慮した丁寧な飲み方の説明

妊娠期に葉酸が必要なことは知っていても、それぞれの時期毎に推奨量が違うことまで知っている人は少ないのではないでしょうか。
最も葉酸の需要が高いのは妊娠前から妊娠初期で1日に440μg、次は授乳期で340μg、どちらにも相当しない場合は240μgというのが厚生労働省が公表する葉酸の推奨量です。

同じ女性でもライフステージによって葉酸の推奨量は200μgもの差があることになります。

葉酸の安全性はとても高いので、一日に耐容上限量の1000μgを超えなければ推奨量以上の葉酸を摂取することに問題はないのですが、葉酸は水溶性のビタミンで余剰分は尿となって排出されてしまいます。

そんな事情を踏まえて天使の葉酸の公式ページでは丁寧に飲み方の説明を行っています。

そこでは各時期に合わせて1~4粒の用量での摂取を勧めており、消費者が無駄なく商品を活用できるように配慮する姿勢が伺えます。

持ち運ぶのがうれしいかわいいパッケージな天使の葉酸

「仕事の合間にも飲みたい」

「外出先でも葉酸をちゃんと取りたい」

こんな風に考える人も多いのではないでしょうか。

天使の葉酸はそんな要望にもしっかりと対応、パッケージは持ち運びにも自宅保管にも適した自立型の袋を採用しています。

また、袋を採用することでごみの削減や包装経費を抑えることも実現した、まさに一挙両得ならぬ一挙三得のパッケージなのです。

ラベルのデザインも外部委託せずに自社で行ったかわいらしいもので、外出先でちょっと出して飲む手間に華を添えてくれます。

このように天使の葉酸は品質・安全、コスパ、パッケージと三拍子そろった優れた葉酸サプリです。

「妊娠」というめったにない人生のステージにパートナーとして活用してはいかがでしょうか。

以上、基本的な成分を網羅してコスパは№1!オーガランドの天使の葉酸…でした。